スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気回復への兆し

株価が順調に回復し、円安も進んできました。ユーロも今年後半から景気回復基調にはいるとの見方が強まっています。非常に喜ばしいことですね。

景気が回復すれば、国の財政も豊かになります。国の財政が豊かになれば、子宮頚ガンワクチンなどお金のかかる政策の普及も容易になるでしょう。

また、体に負担のかからない癌治療などの普及も促進させることができます。サイバーナイフや、重粒子やホウ素を利用した最先端医療が注目を集めています。自分の近親者が癌になったときに、いかに適切に対応できるか。それが近親者を救う点で非常に重要です。そのために、今現在、どのような治療法があるのかを常に調べておくといいでしょう。
FC2 Management

婦人科形成(美容整形)~小陰唇肥大、小陰唇縮小について







他の項目はこちらをクリック。目次・当サイトの目的に戻る、 ①尖形コンジローマ、②性器ヘルペス、③カンジダ膣炎・膣カンジダ、④梅毒、⑤婦人科形成・小陰唇縮小、⑥子宮頚癌、子宮頚がん、⑦エイズ、AIDS、HIV

婦人科形成について。

女性の中には自分の性器の形に悩んでいる人は多いと聞きます。これは日本に限らず、欧米でも同様の悩みを持っている女性は多く、欧米の性教育番組などでよく話題にのぼります。女性の中でも思春期の女の子が、自分の性器の形に悩むことが多いそうです。特に、小陰唇肥大(これは病気ではない!)の場合などよく問題として取り上げられます。知識の無い女性は、小陰唇が肥大した自分の性器の形をみてショックを受け、病気にかかったのではないかと悩み、うつ状態になる子や自殺にまで至る子もいるそうです。中高生であれば、病気だと思っても、恥ずかしくて医者にも行けないし、親にも友達にもいえないでしょう。

しかし、実は異常な性器なんて殆どないんです。女性器の小陰唇は成人になったら誰でも肥大します。その肥大した小陰唇の大きさが個人によって多少違うだけです。これは基本的なことなのですが、結構知らない人が多いのです。同じように女性だけでなく男性もこういったことを知らない人が多く、小陰唇が大きくなっている彼女や妻に対して、「お前は遊んでいる女だから、そんな性器になったんだ」などと言って、相手を傷つけてしまうケースも少なからずあると聞きます。したがって、この機会に、女性器の形は千差万別なんだということを学んでいってください。そして、悩む必要などないのだということを自覚してください。

<婦人科形成~小陰唇肥大、小陰唇縮小形成>

婦人科形成というものをご存知でしょうか。女性の性器を対象とした美容整形の一種です。この婦人科形成の中で最も依頼が多いのが、小陰唇縮小手術だそうです。 ※小陰唇肥大は病気ではない!健康で女性らしい性器だ!

しかし、小陰唇は女性器をカバーし細菌などから守る役割を果たしているので、安易に切除すべきではないと思います。なので、手術を受ける前に、色々な画像を見てよく考えて欲しいです。女性器は千差万別であって、色や形など人それぞれ。そもそも、異常な女性器なんて殆どないといってもいいと思います。下に掲載している画像も、どれも正常な部類です。なので、下に掲載してある画像と同じような小陰唇であっても手術など不要です。あくまでも、下のサイトの画像は、女性器は千差万別であり、悩む必要の無いことを理解するための一助になればと思い、掲載します。その上で、小陰唇縮小手術を受けたいと考えるのであれば、できるだけ腕の良い医者を探し、十分下調べをしたうえで手術を受けるようにしてください。


ガン検査


-婦人科形成についての海外医学系サイト-(注)性器画像がありますので、閲覧に注意してください。

画像・写真①
画像・写真②
画像・写真③
画像・写真④
画像・写真⑤
画像・写真⑥
画像・写真⑦
画像・写真⑧
画像・写真⑨
画像・写真⑩
画像・写真⑪

以下のサイトはyoutube動画です。ご存知の通り、youtube動画はいかがわしい動画は即削除されます。他方、例え性器描写があっても、医学的なサイト、性教育的なサイトなど真面目なサイトは削除されません。これらの動画も真面目なサイトですので、ご安心ください(ただし、性器描写があります)。音が出ますので注意してください。
アメリカの医学系動画です。
アメリカ医学動画①
アメリカ医学動画②

youtubeの動画です。イギリスの地上波で放送された番組です。イギリスでも、性器の形に悩む女性が多いそうです。性器の形は千差万別であり気にする必要はないとコメントされています。
イギリスの番組









FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ




最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
最新コメント
プロフィール

Author:igakuhakase 
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード