スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次・・・本ブログの目的




―――本ブログの目次―――

<性病>
尖形コンジローマ

性器ヘルペス

カンジダ膣炎・膣カンジダ

梅毒

エイズ、AIDS、HIV

性病検査の重要性、性病検査キットについて

<婦人科形成>

婦人科形成・小陰唇縮小

<子宮の病気>

子宮頚癌、子宮頚がん



トップ ウィルス1

<当ブログの目的>   ※当サイトはリンクフリーです。真面目なサイトであればどんどんリンクしてください。

今の世の中には、これだけの性情報が出回っているのに、正しい知識、必要な知識が得られにくいのが現状です。

例えば、海外の大人向けサイトを見ることに抵抗の無い人であれば、容易に性器画像などを見つけることもできるでしょう。
でも、そういったサイトを見ることに不慣れで、抵抗を感じる人も多いと思います。特に、若い女性はその傾向が顕著です。それは悪いことではないし、好ましいことだと思います。しかし、そういった人は、性的な情報をネット上で得るスキルが乏しいが故に、欲しい真面目な情報を得ることもできずにいる場合が多いと思います。すぐに画像が入手でき、自分が性病だとわかれば、恥ずかしいなんて言ってられないので、婦人科・性病科に行く決心もつくと思います。そうすれば、重症化し不妊症になる前に治療することもできるかもしれません。

例えば、性器が腫れ、性病かどうか悩むが、はっきりしない。性病の患部画像を見て見比べればすぐにわかるが、真面目なサイトにはそのような画像は載っていない。恥ずかしいので婦人科に行きづらく、決心がつかずに放置していたら、重症化し不妊症になった。そういうケースも多いと聞きます。

また、十代の女の子が、自分の性器の形に悩むことも多いと聞きます。特に、小陰唇肥大(これは病気ではない!)の場合などは、病気にかかったのではないかと悩み、うつ状態になる子もいるそうです。中高生であれば、病気だと思っても、恥ずかしくて医者にも行けないし、親にもいえない。その結果、うつ状態が進み、自殺や円形脱毛症に至る場合もあるそうです。さらに、十代ではなくもっと年上の女性であっても、自分の性器の形が異常なのではないかと気にしている人は大勢います。心無い彼氏や夫から「お前の性器は異常だ」と言われ、深く傷付く人もいます。その結果、ダイエットでも行うような気楽なノリで、美容整形の一種である婦人科形成を行う人もいます。しかし、そういうケースで本当に異常な性器なんて実はないんです。性器の形は千差万別だからです。医学的な写真を見て、性器にも色々な形があるのだということを知ってもらいたいです。そして、本当にその整形手術は自分にとって必要なのかをもう一度慎重に考えるきっかけにして欲しいです。

性病の患部や小陰唇肥大の症例を見れば、自分が現状を正確に把握でき、適切な対応ができると思います。猥褻な画像や動画が氾濫し、容易に入手できるにもかかわらず、真面目な画像が必要な人の手にわたらない。その現状を打破すべく、このブログでは、画像を掲載していきたいと思います。ただ、不快に感じる人もいると思うので、直接画像を掲載せず、画像が豊富な日本以外の国(日本在住の人からみれば海外)の医学系サイトのアドレスを掲載するにとどめたいと思います。
最後に、特に性病に関するページは、性に対する好奇心の強い10代の子にこそ見てほしい。最初は、興味本位で、もしくは不純な動機でこのサイトにたどり着くかもしれない。でも、それでもいいです。言葉でいっても理解できない若者には、こうしたサイトを見ることによって初めて性病の怖さ、安易な性行為のリスクを理解できるものだと思いますので。どんな動機でもいいいから、見てほしいです。





FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ




FC2 Management

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

最新記事
カテゴリ
スポンサードリンク
最新コメント
プロフィール

Author:igakuhakase 
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード